お問い合わせご予約はTEL:03-6413-4666

〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-4-6
FAX:03-6413-4667

小田急線経堂駅から徒歩2分

東京 リウマチ 世田谷区 内科 膠原病 アレルギーのことは、世田谷リウマチ膠原病クリニックまでお気軽にご相談下さい。

ブログページ

facebook
スタッフの独り言
スタッフ募集
東信よしだ内科・リウマチ科

医院紹介動画


動画が再生できない場合はこちら

MOBILE SITE
HOME»  ブログページ»  スタッフの独り言»  米国リウマチ(ACR)学会

米国リウマチ(ACR)学会

米国リウマチ(ACR)学会

ACR報告
秋山です。 
雨があまり降らないそうですが、滞在期間で2回降りました。また寒波もきたようで、寒かったです。日本から来た先生で日程によっては乗り換えの空港で雪が降り丸1日空港で過ごすことになった方もいました。たまたま知り合いになったオーストラリア人と話していたら「食事と珈琲が美味しくないね」と共感していていました。
 さて学会ですが、世界中から16,000人以上が参加していました。関節リウマチだけでなく、全身性エリテマトーデス、筋炎、血管炎、脊椎関節炎、リウマチ性疾患の妊娠など多くのセッションや発表がありました。朝7:30から開始で夕方まで1日聞きまくる!という日々でした。
 今回もいろいろなことを聴講してきました。ステロイドは少ないほど良いと考え普段やっていますが、セッションや話を聞くと、意外と欧米でもステロイドは頻用しているそうです。もちろん必要なこともありますが、上手に使うことがとても大事です。関節リウマチでも新しいJAK阻害薬が出てきており、また全身性エリテマトーデスでも生物学的製剤の治験が進んでいます。まだまだ先はありますね。
 
I am Y. Akiyama.
This month, I jointed to American College of Rheumatology (ACR) Annual Meeting. It was more cold than I expected.
 So, I talked about ACR conference. Over 16,000 doctors and nurses participated in this meeting. Many lectures and posters about not only rheumatoid arthritis but systemic lupus erythematosus, myositis, vasculitis, spondyloarthritis, pregnancy with rheumatic diseases and so on were published. I listened to many sessions this time. New basic science, new clinical practices and new drugs... Medicine is continuing on and on.

2019-11-27 17:12:00

スタッフの独り言