お問い合わせご予約はTEL:03-6413-4666

〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-4-6
FAX:03-6413-4667

小田急線経堂駅から徒歩2分

東京 リウマチ 世田谷区 内科 膠原病 アレルギーのことは、世田谷リウマチ膠原病クリニックまでお気軽にご相談下さい。

ブログページ

facebook
スタッフの独り言
スタッフ募集
東信よしだ内科・リウマチ科

医院紹介動画


動画が再生できない場合はこちら

MOBILE SITE
HOME»  ブログページ»  スタッフの独り言»  Tremfya Web Seminar1

Tremfya Web Seminar1

Tremfya Web Seminar1

秋山です。
今回は(12/4)、掌蹠膿疱症(PPP)(掌蹠膿疱症性関節炎(PAO))について、ウェブで話してきました。
掌蹠膿疱症は、手のひらや足の裏に皮疹ができる病気です。ただ骨や関節炎にも症状が出ることもあります。
また鎖骨と胸骨の繋がっている部分を胸鎖関節と言いますが、ここが炎症を起こす(胸鎖関節炎)を起こしやすいのも特徴です。
SAPHO症候群で呼ばれることもありますが、病気の状態などでどちらかで呼ばれます。
皮膚の症状から出るので、皮膚科をまず受診することも多いと思います。
ある日本の調査では外用や一部の内服薬で治療されていることも多いです。
なかなか良くならないことも多いので、他の内服薬やトレムフィアなどの生物学的製剤を選択されることもあります。
ただ、禁煙大事です。
当院では、内服治療だけでなく生物学的製剤でも治療しています。
関節炎も含めてなかなか改善しないことがあれば、一度相談に来て下さい。
外用も必要であれば、皮膚科との連携も重要です。

2019-12-04 18:50:14

スタッフの独り言